矯正歯科 | カノミ歯科医院 | 姫路市林田町

 矯正歯科

歯並びが悪いことでいろいろな問題が起こるといわれています

たとえば、
 ・虫歯や歯周病になりやすい
 ・食べ物がよく噛めないので消化が悪くなる
 ・発音がしにくい
 ・顎の関節に負担がかかる
 ・口元に自信が持てず、人前で話したり笑ったりしにくい
 ・内向的な性格になる
などです。矯正歯科治療とは、歯の位置や顎の骨を長い時間をかけて少しずつ変化させ、悪い歯並びを改善し、上記のような問題を解決していくものです。
うけ口矯正前うけ口矯正前やじるし.pngうけ口矯正後うけ口矯正後


矯正前正面矯正前正面やじるし.png矯正中正面矯正中正面やじるし.png矯正終了正面矯正終了正面


矯正前側面矯正前側面やじるし.png矯正中側面矯正中側面


矯正歯科担当歯科衛生士の秋田まゆみです

歯科衛生士 秋田まゆみ 近頃の子どもたちは、凹凸の歯並びや咬み合わせの悪さが目立ちます。保護者の方の歯並びへの意識も高くなっていると思います。低年齢から定期検診を受けて頂いていると、早期に歯列不正を発見することができ、簡単な方法で改善することもよくあります。気になる事は、私たちスタッフに気軽にお尋ねください。
 私自身も舌の癖があり、上の前歯を押して隙間ができ、どんどん広がり始めました。矯正治療で上の前歯の隙間は閉じましたが、舌の癖が治らない限り、装置を外せばまたすき間が広がってきます。このような経験から、舌やくちびるの悪いくせを治すMFT(口腔筋機能療法)のトレーニングを勉強することになりました。最近の子どもたちの多くにも気付かないうちに、こういった癖がおこっています。美しい歯並びや口元を手に入れるためにも一緒にMFTのトレーニングを行っていきましょう。

MFT(口腔筋機能療法)とは

 指しゃぶり、舌癖、口呼吸や、食事の時よく咬めない、飲み込みにくい、食べこぼしが多い・・・などの問題を見つけ、お口の筋肉のバランスを改善するために行うトレーニングのことを言います。
MFTストローストロー(舌の正しい位置をおぼえます)MFTボタンプルボタンプル(くちびるの筋肉をきたえます)MFTストロー風船ふき


トレーニングの様子トレーニングの様子MFT_ダミー.png指すいをやめた子の表彰状指すいをやめた子の表彰状